コジログ_kzklog。脱ガリガリ、細マッチョへ(?)

海外旅行、ガジェット、大人の歯列(歯科)矯正、筋トレを中心としたブログです。

【就活】日々反省-僕の治せない弱点

 就職活動が終わると成長した自分がいる。

そんなことを最初の頃に聞かされたような気がします。

成長できた自分に出会えるのか、まだまったく見えてきません。
でも、自分のプラスマイナスが日々の生活の中から見出せるように感じます。

就活も長くなり、暗くなっていないだろうか。人以上に気をつけなけらば。

自分の気持ちが相手に伝染する。。。
威風堂々と元気よく。。。相手に好意的に接すること。
それが、日々の暮らしに大きな変化。

足りないと感じる部分:

●モチベーションの下がった時への対処

ここぞという集中力は自慢できる。しかし、それがプッツンと切れてします。
押しが弱いといわれる所以でもある。

必要なこと:自発的に(一心不乱に)目標を持って向かっていること

そういえば、シニカル(冷笑的)ではなく、オプティカル(楽天的)に
バランスを大切にー。


●何のために働くのかをよく考える(企業再生ファーム社長講演から)

「あいつに聞けばすべてがわかる」。

忙しい人には情報が集まる。暇な人には情報が集まらない。
情報が情報を呼ぶのである。その情報を持ち合わせてなくても、
即座に調べて調達する。そう期待以上の反応が相手を喜ばすのである。
最初の10年は勉強(遊び・仕事・座学を徹底的に)

良き仲間に恵まれてこそ、良い仕事ができる。


さて、私は何のために働くのだろうか。

●誇りある生活を送ること
  家族を養う(自分の子供に最低限、自分が受けさせてもらった教育を施せること)

●社会に還元
  この世に生れた以上、社会とのかかわりをなくしては成り立たない。
  仕事に人生の大部分を注ぐ以上、その仕事を通した還元というのを
  まずは第一に考えたい

●面白いを形にできること
  人から「面白い」と言ってもらえること。その大小は問わない。
  その面白いによって人に驚きを与え、喜びを与えられること。

以上