コジログ_kzklog。脱ガリガリ、細マッチョへ

海外旅行、筋トレを中心としたブログです。

タッチパネルの可能性と小売り

「タッチパネル」が随分と身近になりつつある

 iPhoneやiPadに代表されるようにタッチパネルの特性と操作性を見事にマッチさせたUIの登場による部分が大きいだろう。このタッチパネルの普及によって、いままでPCを避けていた人々や世代にも、活用の機会が開かれるのではないだろうか。
 マウスによるクリックという作業がタッチパネルに変わるだけでも大きな壁が取り除かれる。さらに、タッチパネルの搭載で「操作性」に対する完成度の要求はより高くなり、「操作性」が競争力を左右する。結果、さらに誰もが使いやすいインターフェースが実現されていくだろう。

 幅広い年齢層のパートさんやアルバイトさんが働く小売りの現場でも、タッチパネルの可能性は十分に大きい。
 業種によっては、PC操作が必要な業務も存在する。この操作を難しく感じる人は少なくないはずだ。PC作業習得の教育コストや作業時間の短縮など、小売りの現場でもタッチパネルが生産性の向上に貢献する余地は大きいだろう。

という記事を書いていたらソフトバンクが既存PCと置き換えにiPadを大々的に導入するというtweetを発見!未来オフィスを観ているようだ

道具が変わっても生かすのは、我々次第なのだが