コジログ_kzklog。脱ガリガリ、細マッチョへ

海外旅行、筋トレを中心としたブログです。

念願!Boseワイヤレスノイズキャンセルヘッドホンを手に入れた- Bose Quietcomfort35

こんにちは、こじかずです。

ずっと、ずっと憧れていたBOSEのヘッドホンを購入しました。

 BoseQuietComfort35 wireless headphonesワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(QC35)です。

以前、イヤホンタイプのBOSEノイズキャンセルイヤホンを持っていたのですが、

いまいち使い心地に慣れず、メルカリで売却していました。

ヘッドホンタイプとイヤホンタイプの比較もできればと思います。

QC35Ⅱの発売で初代QC35が新春値下げ+アマゾンのセールで発見

f:id:workhard:20180109233409j:plain

ボーズ製…ノイズキャンセル機能…さらにワイヤレス!!

のQC35が発売されたときには、すぐにでも購入しようと思いました。

しかし、39、800円という値段からなかなか購入に踏み切れず。

今回、BoseQuietcomfort35Ⅱの発売で初代QC35

新春値下とアマゾンのセールが重なり

37,800円から15%OFFだったので購入しちゃいました。

 

 

付属のキャリングケースの中に黒光りするヘッドホンが・・・

f:id:workhard:20180109233515j:plain

箱からあけると、キャリングケース内に本体や付属パーツがまとまっています。

f:id:workhard:20180109233448j:plain

イヤパッド部分はメガネを掛けていても気になりません。

 f:id:workhard:20180109233104j:image

イヤーパッド部分は非常に柔らかい当り心地です。メガネを掛けていても

圧迫されたり、隙間が空いたり気になりません。

長時間装着しても、疲れたり痛くなったいはありません。

耳元で手軽に操作できるボタン配置とデザインは最高

f:id:workhard:20180109233123j:image

音量の調整や、再生の停止、電源のオン、充電用の端子は右側のイヤホンにまとまっています。手探り状態でも操作に困らないデザインです。

キャリングケースには飛行機用の端子やケーブルを収納できるメッシュフォルダ

f:id:workhard:20180109233122j:image

 ノイズキャリングの性能を一番発揮するのは、電車やエンジン音の響く航空機。

飛行機内用の端子を格納する専用のポケットがあります。よく紛失したりしやすいので安心ですね。(最近、このタイプの端子って飛行機で見なくなってるような・・・)

iphoneやAndroidから操作できるアプリで利便性アップ

f:id:workhard:20180109233132p:image f:id:workhard:20180109233142p:image

ノイズキャンセルの強弱の調整ができるのはかなりの評価ポイント。

ノイズキャンセルをつけると、耳が圧迫されてるような、詰まった感じで違和感を感じることもありますが、利用シーンによってノイズキャンセル効果を弱めたりできるのでより快適に使えます。

 

以前、イヤホン型のノイズキャンセルイヤホンを使っていたときは、カナル型のイヤホンで耳を完全に塞がれたうえにノイズキャンセル効果で耳が詰まったような感じになりました。結果、飛行機内で長時間使用すると気持ち悪くなることが有りました。

今回はそのような心配も不要そうです。

 

ワイヤレス機能で有線じゃない快適性を実感!!

自宅で使用するさいなら、リビングでもキッチンでも、

トイレでもヘッドホンをつけたまま移動ができます。

さらに、外出時のカフェなどでもカバンの中から接続の線をさがしたり、絡まりを樹にしたりする必要がまったくありません。

体の一部になったような感覚です。

(まとめ)長く使って恩恵に与れば、この価格はまったく高くない!!

仕事や学習時など、何か集中したい時にまわりの雑音をシャットダウンできると作業がさらにはかどります。もちろん、リラックスして音楽が聞きたいときにも集中して聞けます。最初の価格の高さは気になりますが、その性能やしっかり作り込まれた品質で長く使えることを考えれば、決して高くない価格だと思います。

今度は、Amazon echoとBluetootheで連携に挑戦します。